【ウーバーイーツ】配達の流れやトラブルが起きた時の対処法をサクッと解説!会社にバレずに働く方法⁉失業期間中は配達可能?

V10戦士
ウーバーイーツの配達の流れやトラブルの対処法をサクッと解説していきたいと思います

 

配達の報酬額とクエスト&ブーストについて

ウーバーイーツの報酬は基本料金(受取+受渡)+距離-手数料で計算されています

・受取料金

お店で商品を受け取った時に発生

・受渡料金

お客さんに商品を渡した時に発生

・距離料金

タクシーのように距離に応じて料金が加算されます(1㎞ごとに60円が加算、1㎞未満でも60円支給されます)

・手数料

ウーバーイーツに支払う手数料、報酬から10%引かれます

・ブースト

配送料の基本料金を、ご注文の多い時間や場所において、一定の倍率(1.1倍1.4倍など)で増額する仕組み

・クエスト

一定期間で決まった配達回数をこなすと追加で報酬がもらえる仕組み

 

 

地域によって基本料金は変動しますが、距離料金は全地域60円で固定となっています

関東地方は受取料金250円~265円、受渡料金120円~125円と他の地域に比べて高めに設定されてます

 

地域 受取料金 受渡料金 距離料金 手数料
東京・埼玉・千葉 265円 125円 60円/km 10%
神奈川 250円 120円
大阪・京都・兵庫 215円 105円
愛知
福岡

 

【ブースト】

ブーストの発生条件はランダムで東京の都心など注文が多く、配達員が不足しがちな昼や夕方の時間帯に発生することが多いです

ブーストが発生している地域は地図に青い枠が表示されています、最近だと×1.1~×1.2が多い傾向

 

 

【クエスト】

クエストは大まかに分けて3パターン

雨の日に発生する雨クエスト、月曜~木曜までの日跨ぎクエスト、金曜~日曜の週末クエスト

雨の日クエストの場合、一定時間内に4件配達で320円、8件で720円、12件で1200円をボーナスとして支給されます(金額は地域や時期によって変わります)

 

日跨ぎクエストと週末クエストは複数のクエストから1つを選択します(クエストの内容は配達員の実績によって変動)

軽めに15件~25件、ガッツリ90件~100件を選択するのも配達員の自由です

難関度が上がれば上がる程、クエストの報酬も跳ね上がります

テレビやネットでウーバーイーツで月収60万~100万と公表している人はクエストを上手く使っているようです

配達の基本、流れは至ってシンプル

基本的な流れ

アプリを起動して『出発』のボタンをタップ

配達のリクエストが来たら受理or拒否を選択

お店で商品を受け取る

配達開始

商品をお客さんに渡す

配達完了、報酬が確定

 

 

【アプリを起動

出発ボタンをタップするとオンラインになり、配達のリクエストが来るようになります

運転時間が12時間を超えると強制的に6時間オフラインとなりますが、12時間を越えることは滅多にないと思いますけど!

 

 

【配達のリクエストを受ける】

配達のリクエストが来たら受理するか、拒否するかを選択します

1分間放置すると強制的にキャンセルとなるので注意してください

画面の下にある時間は自分のいる現在地からお店までの目安の移動時間です

お店まで遠かったり、何らかのトラブル(対応が悪かった・梱包がいい加減だったなど)を経験したお店の場合は遠慮なく拒否しても構いません

ただし、拒否しすぎると応答率が低下してリクエストが来なくなる可能性もありますので気をつけましょう。5件に1件ぐらいの割合で拒否する分には問題ないと思います、自分も移動に7分以上かかるお店やトラブルを経験したお店は遠慮なく拒否していますが、ペナルティは発生していません!

 

【お店に商品を受け取る】

リクエストを受けたお店に到着したら店員さんに受付番号を告げて商品を受け取ります

マクドナルドや吉野家などの大手チェーン店は受け渡しのスペースが設けられている場合が多いので問題ないと思いますが、個人店などは稀に『裏口からお願いします』などの注意事項がアプリに表示されることがあるので、よく確認してからお店の指示通りに商品を受け取りに行きましょう

 

お店の場所が分からない時は?

画面右下のナビボタン(照準のようなマーク)を押せば現在地からお店までのナビが起動されるのでご心配なく!

お店で商品を受け取った際も同じようにナビボタンを押すとお客さんの家までナビが案内してくれます

 

【お客さんに商品を受け渡し】

お店から商品を受けとったら、お客さんの家に向かいます

お客さんの家までの行き方がわからない場合、ナビを起動して向かいましょう。行き方が分かる場合、ナビを起動しなくても問題はありません

お客さんの家に到着したら、指示に従って受け渡しをします

 

受け渡し方法は手渡し置き配の2パターン

手渡しの場合、ウーバーイーツの配達員と告げてお客さんに商品を渡し、アプリで配達完了のボタンを押したら終了です

置き配の場合、玄関の前か横に商品を置いて、アプリ内で置いた商品の写真を撮影、送信して配達完了です

ドアの前だと商品が倒れる危険性があるので位置に注意して置きましょう

最近はコロナの影響で接触を避ける為、置き配を希望するお客さんが多いです。それに配達員の中には変な人もいる可能性があるので、女性の方はできるだけ置き配を選択することをおススメします

ダブルピック(2件配達)は要注意、配達員にメリットはほぼ無し…

稀に1回のリクエストで2件の注文(ダブルピック)が来ることがあります

自分の経験上、ダブルピックのメリットはクエストの配達回数を稼げるぐらいでデメリットのが多いです

 

ダブルピックのデメリット

・受渡料金は1件分のみ

通常で2件配達した場合、受渡料金×2(東京:265×2=530円)を報酬として受け取れますが、ダブルピックの場合は1件分の受渡料金(東京:265円)しか報酬として支払われないので、ウーバーイーツの運営が得するシステムになっています

 

・誤配のリスク

2件分の商品を配達するので、1件目に間違って2件目のお客さんの商品を渡してしまう危険性があります

 

・2件目からクレーム、低評価

1件目の配達に時間がかかると2件目のお客さんの商品が冷めてしまう可能性があります

1件目と2件目のお客さんが近い分には良いのですが正反対の場所だった場合、配達に時間がかかるので自身に問題がなくてもクレームや低評価のリスクが高まるので注意

 

・配達の順番を変えられない

配達順はウーバー側が決定しているので、2件目のお客さんの方が近い場合でも1件目のお客さんから配達しなくてなりませんので非効率なシステムになっています

また、アイスや炭酸など商品の場合、できるだけ早めに配達したいのが配達員の本音ですが、現在のウーバーのシステムだと配達員が配達順を決めることができません

1件目のお客さんの配達にトラブル(住所不明、連絡がつかないなど)が起きると、2件目のお客さんが被害を被るので配達初心者はダブルピックを避けるのが無難だと思います

ベテランの人もダブルピックはクエストの配達回数を稼ぐとき以外は引き受けない人が多いので慎重に判断しましょう

地図に配達先が表示されない時の対処法

ウーバーの配達をしていると地図に行先が表示されなかったり、大雑把に○○町4丁目としか表記されない場合があります

原因はお客さんの住所の記入忘れ、ミスのパターンと、建設したばかりのマンションやアパートなどの新しい住所のパターン(アプリの地図やGoogleマップが対応してないことが原因)

行先が表記されない時はウーバーのアプリからお客さんに電話やメッセージを送って住所の確認を取りましょう

新しい住所の場合、Googleマップで対応している近場の住所を打ち込み、面倒ですけど住所の番地に沿ってお客さんの家を探してみましょう

マンションやアパートだと、ネットで住所や建設名を検索すれば不動産屋のサイトなどで行先の地図が掲載されていることがあるので、困った時は参考になります

 

お客さんと連絡がとれない場合

万が一、電話やメッセージを送ってもお客さんから返答がない場合、ウーバーイーツのシステム上、10分間返答がなかったら自動的に配達を終了できることになっているので遠慮なく配達を終了しましょう。強制的に配達完了しても報酬は発生しますし、評価にも影響はないのでご安心ください

配達できなかった商品は自身で飲食しても処分しても構いませんが、道端などに放置は迷惑なので絶対にやめましょう

会社にバレずに配達の副業をする方法

近年、働き方改革で日本の企業も副業が解禁されてきたとは言え、副業を禁止している会社はまだ多くあります

会社が禁止していても副業したい!でも、バレたら…と不安に感じる人も多いと思います

 

会社にバレる1番の原因は住民税の増加

副業の確定申告をすると、会社で支払われる給与と合算されて翌年の住民税に反映されてしまうので、会社に副業がバレてしまう可能性が高まります

副業の収入が20万円以下の場合、確定申告の必要がないのでバレる可能性は低いですが、20万以上稼ぎたい方は必ず確定申告の際に税金を自分で納付(普通徴収)に選択してください

普通徴収だと会社を通さず、個人で副業の収入に応じた税金の支払いを行うことができるので会社にバレるリスクを下げることができます

あとは職場の人に副業のことを話したり、副業の現場を見られでもしなければ、まずバレることは無いでしょう。絶対ではありませんけど!

 

失業保険の制限中はウーバーイーツの仕事はできない?

基本、失業保険の申請中はアルバイトに制限が設けられており、1日4時間/1週間20時間を上限に設定されています

1週間で20時間を越える労働をすると定職したとみなされて失業保険の給付がされなくなるので気をつけましょう

そして、問題なのがウーバーイーツの扱いです

ウーバーイーツはアルバイトではなく、個人事業という扱いなので定職になってしまうのでは?という意見もあります

結論から言うと失業保険申請中でもウーバーイーツの配達をすることは可能です

ただ、通常のアルバイトのようなシフト制ではないので、自分で労働時間をしっかり管理して働くする必要があります

 

ウーバーイーツの労働時間の扱いなんですが、ハローワークの地域によって対応が異なりますので職員さんに必ず確認を取りましょう

大体、2パターンでオンライン時間を労働とするケース配達時間を労働とするケース

オンライン時間を労働時間にカウントされると、4時間オンラインで1件もリクエストが来なかった場合でも4時間労働の扱いになってしまいます

逆に配達時間のみを労働時間としてカウントする場合、1日4時間を越えることは中々ないと思います。1件10分と想定しても24件も配達できるので

V10戦士
自分も失業後にウーバーイーツで生活費の一部を稼いでいますが時間の調整が自由にできる分、シフト制のバイトよりも就活がやりやすくておススメです

まとめ

空いた時間に好きに働けるウーバーイーツは今までにない新しい働き方で魅力的ですが、その一方で面接もなく、準備さえ整えばすぐに働けてしまう環境もあってマナーの悪い配達員や色々な事故、トラブルが多いのも事実

ウーバーイーツの配達員は個人事業主という扱いなのでトラブルが起きても全て自己責任というデメリットも問題になっています

配達中の事故はウーバーイーツが保証してくれるようになりましたが、まだまだ問題は多いので配達する際は事故を起こさないように、または事故に巻き込まれないように気をつけましょう!

【意外に稼げる⁉】ウーバーイーツの始め方を解説!配達員登録の仕方と必要なアイテムなど

2020年7月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA